記事

内服薬とレーザーシェーピング治療

わきがに薬で対処できる場合もありますので、ご説明します。
手術はこわい、という方も安心できると思います。
わきがの薬というと一般には、制汗剤などが主流です。皮膚の表面に塗るタイプですね。
それ以外に、相談すれば制汗作用のある内服薬を処方してくれる病院もあります。 全身の発汗を抑える効果あります。しかし、副作用として、唾液や涙など、その他の体液も減少してしまうといわれています。
そういったデメリットも考慮したうえで、わきが対策として使ったほうがいいでしょう。

発汗の原因はさまざまです。精神的な理由で多汗になっている場合は、精神安定剤が効果があると言われています。
しかし副作用として、眠気やだるさが出ることがあります。服用すると運転ができなかったり、勉強や仕事に集中できないケースもあると言われています。
内服薬も外用薬も、発汗を抑えることを狙いとしており、わきがの症状を一時的に軽減するにとどまるため、完全に治療するには手術ををお勧めします。

最近注目を集めているんが、わきがのレーザーシェーピング治療です。
レーザーと聞くと、なにやらすごい方法みたいですね。
これは、わきがの原因となっているアポクリン汗線を除去する方法です。傷跡は小さく、ほとんど目立ちません。
優れた方法がいろいろと出てくるものですね。
わきがの治療法はさまざまですが、このレーザーシェーピング療法のメリットは、比較的短時間でできて、傷跡もほとんど目立たないことです。若い女性には人気が出ているようです。扱っている病院やクリニックも増えているようですので、問い合わせてみてはどうでしょうか。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ わきがの治療法